FC2ブログ
ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

金刀比羅宮1,368段に挑戦 『2013GW父子貧乏旅行その2』(石段本宮編)

香川県仲多度郡琴平町 金刀比羅宮(ことひらぐう) 駐車場 讃岐うどん アイスクリン 
DSC_4939_20130513215357.jpg       6:59 参道の石段は、シャッター通り状態

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社。
こんぴらさんと呼ばれて親しまれています。

江戸時代中期からは、
各地で金毘羅講が組織され、金毘羅参りが盛んに行われていました。
庶民にとっては、我が三重県の 伊勢神宮参拝 
『お陰参り』に次ぐ憧れだったそうです。(by wiki)

有名どころでは、森の石松が、次郎長親分の代参としてお参りした話
帰り道でだまし討ちに遭い非業の最期を遂げましたが・・・・

御利益たっぷりの話としては、
創業1827年 豊橋名産 「ヤマサのちくわ」の成功は、
金比羅参りが有ったから・・・のお話

豊橋で「魚問屋」を営んでいた創業者の祖先が「こんぴらさん」に参拝した際、
参道で売られていた 大人気の食べ物が「かまぼこ(現在の竹輪)」 
材料を訊けば地元でも獲れる魚が原料
「魚問屋」としてこれを見逃さなかったのが 「こんぴらさん」の御利益?(笑)
地元に帰って試行錯誤を繰り返した後に出来上がったのが、
今までに無い「日持ち」する「塩漬竹輪」。 
現在の「豊橋竹輪」の原型だそうです。

さて tetumaru父子の御利益は????

DSC_4940.jpg      駕籠屋さんもまだ開店前

DSC_4941_20130514185448.jpg     勿論開いてるお店も有ります。

DSC_4943.jpg     「♪こんぴら船々 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ
まわれば 四国は 讃州那珂の郡 象頭山 金毘羅大権現 一度まわれば」

民謡からのお土産 船々せんべい

DSC_4945.jpg     焼き立てを食いたかったけど まずは参拝、参拝

DSC_4949_20130514185938.jpg     7:03  100段を過ぎたころに在る 一之坂鳥居
此処からが、急角度で結構な難所

DSC_4958_20130514190505.jpg

DSC_4960_20130514190529.jpg

7:11  365段目に在るのが、大門
DSC_4965_20130514191058.jpg
さっきの駕籠屋さんが運んでくれるのは此処まで
料金は、
DSC_5101.jpg    ただし 体重制限100kg 逆に子供2人での利用も可能
帰り道利用している人もいたけど
DSC_5096_20130514191621.jpg      注目の的! 絶好のネタになります(笑)

大門の中 左右の武者人形 有名でないのか?名無しです
DSC_4967_20130514192233.jpg
昔は、金剛力士像が在ったとの説有??
DSC_4968.jpg

大門の中は、神社内になるので商売禁止
DSC_4970.jpg
但し 
昔 金刀比羅宮 に功績のあった5人の百姓が特別に許されて
「五人百姓」 として 境内で出店を許され、子孫にも受け継がれて
売っているのが、 『加美代飴(かみよあめ)』
DSC_4969_20130514192411.jpg      おばちゃんから試食の飴を貰って 残り 1,000段


7:17  桜馬場西詰銅鳥居
DSC_4973_20130514195358.jpg

DSC_4974.jpg    商売熱心(笑)

DSC_4983.jpg      右側に在るのが「こんぴら狛」     
飼い主の代わりとして犬が旅の人と共に金毘羅詣りを代参してもOKな
懐の深い神様です。

左側にトイレが在ったのでしょう休止して
DSC_4979_20130514200040.jpg     朝飯に夢中の 神馬の顔が撮れるまで粘って

再び階段へ

DSC_4986.jpg

DSC_4992_20130514200300.jpg      本殿までは、無いけど  奥社まで行けば在りました。

7:31 629段目 「旭社」
DSC_4994.jpg      目の前に見えてるけど ホンマは、本宮に参拝した帰りに寄る神様らしい

「スシ食いねェ!」の元祖 森の石松が、(シブがき隊じゃ無いからね)
余りの荘厳さに 本宮と間違って(結果 大神さんをすっ飛ばして)
次郎長親分から託された刀を、この旭社に奉納して
御利益どころか だまし討ちであの世行き・・・

本来 日本の神様は、おおらかな神様ばかりやから
石松のおっちょこちょい振りを際立たせる逸話なんやろなぁ

因みに tetumaruさんの「森の石松」は、あおい輝彦
ガキの頃 再放送で見た 『清水次郎長』の石松役
次郎長は、竹脇無我 ホンマ古いなぁ~~
でもな あおい輝彦は、ご存知「あしたのジョー」の矢吹丈の声優
力石徹に出会うまでの あの破天荒なジョーと石松が重なるんさな

眼帯したジョーが
「食いねぇ~食いねぇ~ 寿司食いねえ!」と大盤振る舞いしている姿
バッチリやと思いません(*^-^)



まだ半分残っているので 階段に戻って

本宮への最後の難関 御前四段坂
DSC_5000.jpg   ミニスカート絶対禁止の階段です。
さっきまで見えていた おっさんの禿げ頭は、見えません(笑)

7:38  785段目 金刀比羅宮本宮
DSC_5005_20130514203906.jpg       大物主神と崇徳天皇を祭っています。

DSC_5006.jpg     

DSC_5009_20130514204306.jpg     お伊勢さんのそれとは違う 作法に則(のっと)って参拝

DSC_5011.jpg     にんまり顔のtetu禰宜(ねぎ)さんが、長男の邪気を払ってあげたのは言うまでもありません(笑)

奥社まで 残り 583段
やっぱり長くなったので 今日は此処までとさせてくださいm(_ _)m




気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ←  1日一度 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ←   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く様にクリック (*^-^)
人気ブログランキングへ
 
最後まで有難うございましたm(_ _)m 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/903-2fd10c72