ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

流氷ノロッコ号とオホーツク牛乳プリン 冬の北海道旅行6日目(4)

流氷ノロッコ号 オホーツク牛乳プリン ノルディックファーム 網走
DSC_0124_20120310191021.jpg  左 ノロッコ号 ヘッドマーク80周年限定バージョン 右は 流氷特急オホーツクの風 HP
ノロッコとは、「ノロい(遅い)」と「トロッコ」とを掛けた造語
流氷で埋め尽くされたオホーツク海を望む海岸線を
ノロノロのんびり トロッコ車のような車両で
網走駅から知床の玄関 知床斜里駅まで 一時間かけて走る
期間限定の車両です。
料金は 810円 座席指定が300円です。

2012年2月20日(月)
網走流氷観光砕氷船おーろら号(HPの約1時間のクルーズを終え
昼食でちょっと失敗した後は
二つ目の流氷イベント JR釧網本線 流氷ノロッコ号 HPです。 (乗務員のブログ
網走駅のコインロッカーからスーツケースを引っ張り出し
改札を抜けたら なんとノロッコ号は向こう側 2番線ホーム
エレベーターが在るか無いか分からないまま
エンヤラエンヤラ 階段を登って降りて 大急ぎ
目的はただ一つ 出来るだけすっきりとした写真を撮りたいが為
この旅行で完全に鉄オタ(撮り鉄)の仲間入りしそうな
メタボなおっちゃんtetumaruさんです。 



DSC_0125_20120310193758.jpg  右側手前にスーツケースが置ける棚が在ります。
勿論 オホーツク海側ベンチ椅子を指定しています。

意外と空いてるから良かった と思いつつ
撮影開始
DSC_0128_20120310194305.jpg  名物のだるまストーブで既にシシャモを焼き始めている人もいます。
炭は車掌さんが細目に回って来て継ぎ足してくれます。

DSC_0130_20120310194425.jpg  こっちは隣の車両のだるまストーブ この前が、車内売店になっていました。
するめ、さけとば、たらのみりん干し、本シシャモ、蒲鉾
勿論 ビールも その他記念グッズも精力的に販売

これはじっくり楽しもまいか~ の期待も
数分後には絶望感

ドカドカドカ~~と団体客の襲撃
あっという間に車内はギュウギュウ詰め
通路に出て移動することもままならない状態に・・

団体客の指定席は、3人並びの6人掛けテーブル
冬服でこれはかなり窮屈
その為 6人の処に4人で座り溢れる人が続出する有り様
添乗員らしき女性と車掌さんが切符を確認して
最後まで独占し続ける
4人グループに席を譲る様に促すと
「ワタシ日本語わかりませ~~ん」の必殺技炸裂
(日本語以前の問題やろ!) ←心の声

車掌さん 「自由席の方が空いてますので そちらへどうぞ」と慣れた口調
で 結局残ったのは わかりませ~~んの方・・・

其処へ今度は添乗員が
「10分ぐらい乗ったら 次の駅で降りますからね~
 乗り越さないでくださいね~
 降りたら お~ろら号に乗りますからね~」
を大きな声で連呼 
(貸切車両や あらへんぞ~) ←心の声

それにしても ????
網走から乗って 網走に帰って お~ろら号に乗る?
旅行会社のツアーの正体見たり って感じです。
パンフレット写真は、窓側の席で だるまストーブでするめを焼いて
ビールで1っ杯のようなイメージ
実際は、たった10分 ギュウギュウ詰めの反対側のテーブル席
そして 先回りしたバスに乗って また元の場所に戻る
(どんな旅行やねん おっちゃんには耐えられやんなぁ) ←心の声

その光景を見ているだけで その昔に
「ゴールデンウィークの立山黒部アルペンルート1泊2日」の
安っす~~~いツアーに家族で参加した時こと
トロッコ列車に揺られながらお弁当♪ のイベントが在ったんやけど
思いっきり膝を折っても前の座席に当たるような狭い座席で
弁当など広げる余裕も無く
ただ荷物として終着駅まで膝の上に抱かえて行った 
苦い記憶が蘇ります。


ツアー企画者は、本当にそのツアーを体験しとんのか疑わしいもんやな~
その場売れたらエエだけなんやろか?


さて 10分後 
嫁さんのコートを落としても謝りもしない
わかりませ~~んが過ぎ去った後からが本番です。
この車両に残っているのは10人ほど 快適空間に様変わりです。

ノロッコ号のアテンダントの案内も好調
(バスガイドさんの様な方が車内放送でいろいろ説明してくれます)
DSC_0156_20120310210527.jpg  間近に迫ってくる斜里岳 素晴らしい光景です。

DSC_0166_20120310210658.jpg 海岸一面の流氷 圧巻の迫力です。

そんな中で
DSC_0143_20120310210823.jpg  タラのみりん干し と プリン
みりん干しは、お隣さん(訳ありカップル?)からのおすそ分け
コートの件で嫁さんテンションダウンで 焼き物をパス
こんな時は甘いものをと プリンを買って来たところへ
嬉しい焼き物でした。
やっぱ美味いです。この景色が最大の調味料ですね。

DSC_0144_20120310211534.jpg  流氷ノロッコプリン 300円
遠軽のノルディックファーム HP のオホーツク牛乳プリンを
特製の陶磁器カップに入れ 80周年ヘッドマークのロゴを印刷したもの
DSC_0152_20120310212647.jpg  このプリンが今回北海道で食べたプリンの中で一番美味しかった。
二層になっていて 上はとろ~り濃厚
下は滑らかな舌触りでバニラビーンズが主張
それでいて最後までちゃんとプリンプリンして居るのが秀逸
くどくないカラメルも好みで
本当に美味しかった。

ホームページを確認したら 牛に食べさせる牧草の
土づくりから拘っているとのこと 納得でした。

DSC_0172_20120310213405.jpg  14:55 知床斜里駅到着
車掌さんが、この看板をバックに写真を撮ってくださいました。

DSC_0178_20120310213559.jpg  ウトロ温泉までバスで1,600円
DSC_0181_20120310213734.jpg  15:40出発

DSC_0185_20120310213818.jpg  思っていたより道が凍結していませんでした。
知床が近づくにつれ 山肌に シカ 鹿 鹿でした。
DSC_0188_20120310213915.jpg  16:20 有名なオシンコシンの滝は車窓から
写真を撮る人の為に 路線バスが、いったん停車してくれるサービス

DSC_0195_20120310214413.jpg  16:30 ウトロバスターミナル着
DSC_0201_20120310214549.jpg  私達のお迎えの車

お隣の訳ありカップルは、歩いて近くのホテルへ?
その後ろ姿を見送りながら

嫁さん 「あのホストさん男前やったなぁ
     あんたもあんなけハンサムやったらタダで知床まで
     連れてってもらえるんやに」

私   「その分 今晩頑張らなアカンのやでぇ」 
嫁さん 「そやな」
     (あんたの場合そこが一番問題やわな) ←メタボの空耳(笑)


夕食バイキングとオーロラファンタージーへ続きます。





気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。

にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ←  少しでも参考、暇潰しになりましたら お願いします 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ←  皆さんの温かい応援が次の記事への原動力になっています。
人気ブログランキングへ
 
最後まで有難うございましたm(_ _)m 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/652-7f021126