ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

鳥羽国際ホテル 2017年2月 『横田秀夫シェフによる 大人のスイーツフェア』 (後編)

鳥羽市 鳥羽国際ホテル ケーキバイキング ケーキブッフェ スイーツブッフェ 横田秀夫シェフ

DSC_2959_201702201943291a4.jpg

イギリスのシンクタンク 王立国際問題研究所の調査によれば
「主要イスラム諸国からの移民流入を停止するべきか?」
の回答は、
10カ国平均で、55%の人が「停止するべき」
だそうです。

2-12s.png

スペイン以外は、ダブルスコア以上で停止 賛成!
せやけど 
マスコミさんは、例によって都合の悪いことは報道せんのやさな

2/19 18:34 NHK総合放送
【これでわかった!世界のいま】「ホームステイで難民と交流を」
なんて 明らかにステマやもんな
ヤラセの貧困JK出したり
LGBT (レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス ジェンダー)に
熱心だったり・・・・
まぁ 
受信契約して無い人間に とやかく言う権利は、無いってか(笑)


さて 2017年2月18日に開催された
鳥羽国際ホテル
 『横田秀夫シェフによる 大人のスイーツフェア』 
実食編です。

DSC_2983_20170220200911da5.jpg
手前のカードには、名前が書いてあります。
勿論 裏返し

横田秀夫シェフによる4回目の祭典は、
初めてスイーツブッフェ形式を取り入れて
一人6,480円
客数は、50数人 思ったより少な目
(これ 今まで100人前後集めてきた実績から
ホテル側も予想外だったのでは・・・その結果・・・)

最初に
横田シェフオリジナルの2品が、提供されます。

でもその前に
横田秀夫シェフの紹介と御挨拶
そして オリジナル料理の説明
その際 本日の案内に在った
二つのホットデザート
クレープシュゼット バニラアイスクリーム
フォンダンショコラ
は、それぞれ全員分用意して無いので
どちらか一つを選択してくださいとのお願いが在りました。

バイキング慣れしてる人ならこの時点で
ケーキの補充も怪しいと 感が働く・・・・

スタートして15分後
最初の皿

DSC_2987_20170220200913abb.jpg
菜の花と桜エビのキッシュ チリコンカンのパスタグラタン


DSC_2991_2017022020091521f.jpg
菜の花と桜エビのキッシュ
ふわふわ温かい食感から染み出す
絶妙の塩加減
素材の美味さがダイレクトに伝わる♪
いくらでも食べられる 食べ続けたい美味しさやった♪


DSC_2989_201702202009145d7.jpg
チリコンカンのパスタグラタン
チリコンカン 豆と挽肉をトマト味で チリパウダーをきかせて煮込むメキシコの料理
土台にホワイトソースのパスタ
上にアボカドとトマト シュレッドチーズ バジルオイルだそうです。
じっくり味わうも ガッツリ系には、なかなか厳しいボリューム・・・
(正直 先にケーキ食べて 途中で口直しに食べたら
どっちも もっと美味しいし 目いっぱい食べられるんやろけど
今回はそんな雰囲気や無いから・・・・)


ほぼ全員が食べ終わってから 皿が引き下げられ
スタートして30分後に 2品目登場

DSC_2997_20170220200917f7f.jpg
ストロベリーアニスシャーベットとライムのムースアイスクリーム
ヴェルベーヌのジュレを添えて

アニスは、香辛料系のリキュールアニゼットから
ヴェルベーヌ ハーブの1種 花言葉「魔術、魔力」

DSC_2998_20170220200918250.jpg
ストロベリーの爽やかな酸味
ライムの皮をたっぷり使った 酸味の強いムースアイス
土台のココナッツのメレンゲ&苺ジャムのカリカリした食感と甘み
一緒に食べると口の中でいろいろな表情を楽しめます。

二つをクリアしたから
いよいよスイーツブッフェかと思いきや
「皿を御配りするので席でお待ちください」とのこと・・・

DSC_3007_2017022020092172e.jpg
全員に皿とカップが配られるのを待って


DSC_3009_201702202009237d5.jpg
またまた 横田秀夫シェフ自ら説明
ケーキは、オーナーを務められてる
埼玉県 菓子工房オークウッドの定番のものだそうです。

DSC_3005_20170220200920258.jpg


DSC_2963_20170220211203cb6.jpg

スタートして 48分後
満を持して ブッフェ台開放

ただし 全員が皿を持ってるため
それぞれのトングに向かって縦に並ぶ最悪の展開・・・・
目の合った
ブッフェ台の向こうの黒服さんに
お願いして 2~3分でサーブしてもらった

DSC_3014_20170220200924f84.jpg
私の1順目 全種盛り
手前の抹茶 これが抜群に美味い
調べてみると
クリーム部分が「かのこ豆」と練乳ムースになっているのがポイントらしい
しっとり溶けな口当たりと 
贅沢に使った抹茶と かすかなキュールの芳香
大き目の小豆がアクセント
リピしたくても瞬殺品切れやった・・・・
(道理で最後に登場・・・)
隣りの ブルーベリーチーズケーキ此れも速攻品切れ
クリーミーな口当たりのチーズケーキと
ちょっとざらっとした外生地
あぁリピしたかったなぁ


DSC_3016_20170220215100cc0.jpg
左 パンプキンロール カボチャを練り込んだしっとり生地 カスタードにも練り込んであるのか?黄金のハロウィンカラー トップと中の大納言で甘さのフィニッシュブロー
隣りデリスショコラ 濃厚チョコとナッツのザクザク食感と香ばしさ


DSC_3018_20170220215101d1d.jpg
エクレア の向こう 苺のタルト  これも人気でリピ出来ず。

逆に 他のケーキはすべてリピできたんやから
欲かき過ぎたらアカンわな

ホットデザートの行列が、解消しつつあったので
クレープシュゼットの列に5番目に並ぶも
直前で 第1回分が終了して 焼き直し

隣りに移動して

DSC_3023_20170220215103c3f.jpg
フォンダンショコラ ゲット


DSC_3028_20170220215105e5c.jpg
中にピスタチオのクリームが入っていて
生クリームと暖かいショコラの甘さとの3重奏を
グリオットチェリーのコンポートの鮮やかな酸味 が、押し上げる
此れも素晴らしい


DSC_3035_20170220215108746.jpg
スイーツ 2順目 この時点で残っていた 7種
ブッフェ台に皿が無かったので 皿交換をリクエストしたら
横田シェフ自ら 隣りの小さな皿を取ってくださいました。
左 伊予柑ロール もっちり適度な弾力の生地に濃厚な伊予柑ジャム これもお気に入り
右 エクラテ 木苺バタークリームの酸味 ピスタチオのバタークリームの甘み ヘーゼルナッツのザックリ感 本来重たく苦手なバタークリームケーキなのに 何度もリピしたくなる
見た目より食べやすいケーキやった。
奥 苺のパンナコッタ クラッシュした苺の爽やかさと つるんと濃厚パンナコッタ 敏感な方は、アニスリキュールの香りまで感じられたそうです。


3順目を取りにブッフェ台に向かったら
余ってるとの嬉しい答えだったので

DSC_3034_201702202151066ee.jpg
クレープシュゼット バニラアイスクリーム もゲット
しかも バニラアイス2個に増量
カラメルオレンジソースでクレープを煮込み
アプリコットブランデーでフランベ 
冷たいバニラが熱いソースに絡んで
五感を刺激する美味さ


DSC_3043_20170220215111cb5.jpg
3順目
エクレア 最後まで10個以上残ってった・・・
バイキング用とは思えない丁寧な作りで 相当美味かったのに何でやろな???
奥 マンゴープリン

もう1種 こっちも結構残っていた

DSC_3040_2017022021510906b.jpg
フォンダンショコラをリピして
終了でした。

結局 補充が無いと言いつつ
選択1品のホットデザートを3皿も食べとるやんなぁ

三重県では破格の6,480円 スイーツブッフェやったけど
50数人の客で
スイーツ界の大御所 横田秀夫シェフを埼玉から招いて
やや簡易タイプとは言え 本店と同じレベルのスイーツを
三重のホテルでゆったり味わえるのは、二度と無い経験かも知れやんもんな

参加して良かったと思います。
御馳走様でした。




店舗情報

店  名 : 鳥羽国際ホテル バンケット「海城」 
TEL  : 0120-108-593
住  所 : 三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
営業時間 : 
定休日  :
その他  :
ホームページ

Comment

kkdora says... ""
tetumaru様、こんばんは。今回は地元でお会いできましたね。ここのバイキングは初めて参加しましたが、横田シェフの丁寧な対応に感動しつつも、バイキングそのものは今一つといった印象でした。せっかく美味しいケーキばかりだったのに、補充が全くされず、不完全燃焼で終わってしまいました。もう少し食べたかったのが正直なところです。でも、全体的には優雅なひと時を過ごせましたので次回もあれば参加したいと思います。では、また。
2017.02.22 22:47 | URL | #- [edit]
tetumaru says... "kkdora  様"
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

先日は、思わぬ再会
同じ趣味を持つ方々との情報交換等 楽しいひと時ありがとうございました。

補充が最大のネックでしたね。
美味しかっただけに 尚更残念な気持ちになります。

ホテル側が、もう少し集客に力を入れて下さってれば
また違った展開になっていたかもしれないと思っています。

次回 これに懲りずに開催して欲しいものですね。
では、またどこかでお会いする日を楽しみに
感謝一念                            tetumaru
2017.02.23 21:17 | URL | #- [edit]
アリア says... ""
ここは気にはなったのですが、鳥羽という立地と価格もあり、スルー。
同日開催のTHE FUNATSUYAに久々の参加をしてきました。
美味しそうではあるのですが、補充が今一つとの事なので、価格も加味すると、バイキングとしては厳しい印象です。
THE FUNATSUYAの次回イベントは5月頃を予定しているそうですが、デザートバイキングではないようで、河文の甘味ビュッフェのようになくならなければいいのですが…
2017.02.23 22:23 | URL | #- [edit]
tetumaru says... "アリア 様"
こんばんは、いつもコメントありがとうございます。

交通費まで考えると かなり厳しいイベントだったのは確かです(^_^;)

THE FUNATSUYA
記事読ませて頂きました。
子供の入場制限&一斉入場へのシステム変更
いろいろ改良して下さってるみたいですね
私にとって とても居心地の良い空間だっただけに
このまま FOされるのが、一番怖いです。

感謝一念                            tetumaru
2017.02.24 20:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1796-c26b8237