ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

奈良ホテル 『ティーラウンジ』 無い無い尽しのスイーツバイキング  (前編)

奈良市 奈良ホテル スイーツバイキング ケーキバイキング 時間無制限

DSC_2496_201602082115210da.jpg

1909年(明治42年)に開業した老舗ホテル
春日大社 一の鳥居 近く(反対車線)に入口が在り
「西の迎賓館」とも呼ばれる 広さと格式を持っている

奈良ホテル  HP

が、初めて開催した スイーツバイキング
行くことが出来ました。

もっとも事前に
「わざわざ
 行く程の事もない
 何の特徴もない
 種類も少ない
 1時間もすれば誰もいない
 スイーツバイキング!」
だとの情報を頂いていたのですが、
そこは、バイキングフリークの悲しい性(さが)

新規開拓と時間無制限のでっかい釣り針に
事前予約と 午前中 天理の仕事をブッキングして
見事に引っかかってきた次第です。orz


本編を読み始める前に 明日への活力 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   ちょっとだけ 行って戻って来て下されば、嬉しい限りです。 m(__)m

DSC_2498_20160208214143714.jpg
エントランス
左側がフロント 
撮影スポットとなる「大階段」右が、会場の ザ・バー

写真右のドアの向こうが、

DSC_2505_20160208214147f13.jpg
ティーラウンジ 真ん中1列が予約席
どちらも通常営業をしながら スーツバイキングの会場となっていました。


DSC_2503.jpg

奈良ホテル スイーツバイキングのシステムは、
 開催日 : 2016年1月25日(月) ~ 2月29日(月)の
        月・火・水曜日
 時間 : 14:00~17:00(時間制限なし)
 料金 : 大人:2,500円  
       小学生:1,500円  
       小学生未満:1,000円
 割引 : バースデー月の本人を含むグループ全員10%OFF
      4名様以上のグループで全員10%OFF
      学割あり 10%OFF(本人のみ)
 内容 : フリードリンク


sweets_buffet.jpg

 「定番のスイーツから洗練の一品までホテルメイドのスイーツが食べ放題♪
大人もワクワクする奈良ホテルスイーツセレクションを多数ご用意してお待ちしております。
世界クラスのバーテンダーが厳選したリキュールのゼリーも初登場!
クラシックな空間で“甘いひととき”をお過ごしください。」
(by ホームページ)



告知文と写真は、そそるものが、在るやんなぁ
まぁ それやないと 意味無いと言われればそれまでなんやけどな・・・・

歴史を感じながら 最初のぼやきから・・・

DSC_2501_20160208214145ba2.jpg
エントランスの吹き抜け


2016年2月3日(水) 13:20 到着
ホテル入口をいったん通り過ぎてしまった上に
駐車場への下り坂が、道幅 普通車いっぱい 狭すぎる・・・
案の定
前の車が、対向車と意地の張り合い 
1分近くフリーズ し合ってやんの・・・
(奈良の運転って
 突っ込んでから考える人が多い様に思うんは、
 tetumaruさんだけやろか?)


DSC_2518_20160208221120516.jpg
本館2階ホール

30分前には着いておきたかったので
早足で本館へ
自動ドアでは無いけど
係りの可愛い制服さんが素早くドアを開いてくれました。

別の素敵な制服さんも
質問に笑顔で応えて下さり 
しばし 館内探索


DSC_2520_201602082211217cc.jpg
春日釣燈籠を模した 和風シャンデリア


スタート前に 無傷のビュッフェ台の写真を
撮らせて頂きたいと 頼んでみるも


DSC_2508_20160208221123772.jpg
地元テレビの撮影中
(真ん中の男性 奈良では結構有名みたいやった)


それでも 一応
肌色制服の男性従業員(マルチーズ顔)にお願いしたら
「収録が終わったら 大丈夫です。
それまで そちら(大階段横のソファー席)でお待ちください
tetumaruさんですね。」
と 名前までフルネームで確認してもらって
一安心(ひとあんしん)


呼び出しがかかるまで メニュー写真をパチリ

DSC_2510_20160208223215a15.jpg


DSC_2512_20160208223217a55.jpg


DSC_2514_2016020822321714f.jpg


DSC_2516_20160208223219af9.jpg

なかなかのお値段 


DSC_2524_20160208223220a94.jpg

収録も終わり
そろそろ 14:00になろうと言うのに 
梨の礫(なしのつぶて)
嫌な予感に備えつつ
14:02 いきなり案内が始まり
慌てて立ち上がり 二組目に並んで
予約表と確認 席まで案内してもらいました。

しかし 案内されたのは、窓側の一番奥の席  
(この席についても 後編でぼやきたい処) 
速攻折り返して ブッフェ台へ


DSC_2526_20160208224144ffe.jpg
完全スルーの店員さん
(出来ないことを約束するな~~!!)←心の声


アップにすると
(名札が無いので 名前は適当 

DSC_2527_2016020822414675b.jpg
チーズケーキ


DSC_2528_2016020822414611a.jpg
ベリーベリーなカシスムース


DSC_2531_201602082241485e6.jpg
マンゴーパッション、 フランボワーズ、
ショコラムース、 ?



DSC_2533_201602082241497ab.jpg
フルーツポンチ


DSC_2536_20160208225249a4f.jpg
抹茶ムース、 ショートケーキ
松の実とレーズンのパウンドケーキ 



DSC_2538_201602082252519c0.jpg
チョコムース


DSC_2540_201602082252511b7.jpg
シナモンのムース?


DSC_2542.jpg
グラスゼリー2種


DSC_2544_20160208225254156.jpg
抹茶のマカロン、 フィナンシェ


途中から アップルパイが登場

ドリンクコーナーは、あせって撮り忘れ・・・
スタート時は、それなりに混雑しとったからな~

さて 
マルチーズ顔さんが、もう1発やらかしてくれた お話は
後半 実食編にて





店舗情報

店  名 : 奈良ホテル 『ティーラウンジ』 
TEL  : 0742-26-3300
住  所 : 奈良県奈良市高畑町1096
営業時間 : 
定休日  :
その他  : 無料駐車場有

ホームページ




駄文へのお付き合い有難うございました<(_ _)>
少しでも参考にして頂ければ幸いです。
下記もご協力して頂けると もっと頑張ることが出来ます。

気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ↑  1日一回 温かい 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く代わりにクリック (*^-^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 ↑ワンクリックして頂けると心地よく熟睡できます

人気ブログランキングへ
 
最後まで感謝感謝ですm(_ _)m 

Comment

まみ says... ""
こんにちは。
いつも更新楽しみにしています。

奈良ホテル初のスイーツビュッフェ、私も行きたかったのですが、予約の電話をした時はどの日もほぼ満席で予約が取れませんでした。

その後、行った方のお話しやブログ等で、かなり種類も少ないし普通過ぎて行かなくても良かったとは聞いてました。
けどやっぱり行きたい奈良ホテル、、、。
ランチは高くてシンプルなお料理ですが凄くレベルの高いものもあるので密かに期待してましたが、やはり雰囲気を楽しむ場所なのかもしれませんね。

来年もまたあれば、行けたら行こうかな?くらいでいいかな?

これからも楽しみにしています。
2016.02.09 08:56 | URL | #- [edit]
tetumaru says... "まみ 様"
こんばんは、\(^^)/ いつもコメントありがとうございます。

いろいろ在って 辛口レビューとなっていますが、
私自身も(実情を知りながら)
開催しているうちにやっぱり行きたくなった
老舗ホテルのデザートバイキングです。

不確定情報として 6月ごろにまたやるとのうわさが在ります。
値上げしてでも 伝統と格式にふさわしい
デザートバイキングを開催して欲しいものです。

感謝一念                            tetumaru
2016.02.09 19:43 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1548-59b975b8