ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

【パグさん情報】 ヒルトン名古屋 ロビーラウンジ「ザ・ギャラリー」 『マロンとオータムデザートブッフェ』

名古屋市中区栄 ヒルトン名古屋「ザ・ギャラリー」 デザートブッフェ ケーキバイキング スイーツビュッフェ
DSC_0974_201409192013087c7.jpg

何時も 美味しい貴重な情報を頂くパグさんから
ヒルトン名古屋「ザ・ギャラリー」 HP 
11月 『マロンとオータムデザートブッフェ』  の
詳しいレポートを頂きましたので
拡散させてもらいます。

DSC_0918_20140919201904c06.jpg

ヒルトン名古屋 ロビーラウンジ「ザ・ギャラリー」

『マロンとオータムデザートブッフェ』

2014/11/1(土)〜11/30(日) ※土・日・祝日限定

時間 15:00〜17:00
料金 \3100(税・サ込) 4〜12歳 \2100(税・サ込)
   ※予約時にHP見たで 10%OFF (\2790 \1890)



11/8(土)に行って来ました。
ロビーラウンジは全部で約200席なのですが
その内の大通りに面した一段低くなったフロアのエリアで
ブッフェが行われていました。
(テーブル席とソファー席とで 16卓・約60席)
3層吹き抜けで大通り側が一面ガラス張りのゆったりした空間です。
大きなクリスマスツリーがラウンジ中央に飾られていて
この時期らしい雰囲気でした。
当日11/8(土)のブッフェの状況として
テーブルはほぼ全て埋まっていましたが
利用者としては30人を超えるぐらいでした。
ほとんどのケーキ類はひとつひとつがグラスや器に盛り付けられていて
ブッフェ台から自分で取るスタイルです。
大きさは店売りケーキぐらいのものや、
少し小ぶりのものまでといった感じです。
当日のケーキ類はHPのメニューにある13種類の内、
栗のロールケーキが栗のムースに替わっただけで
他は全てありました。
(実演のりんご入りドイツ風パンケーキ含む)
栗、りんご、洋梨など この時期の食材と
チョコやキャラメルの味わいとの組み合わせが
美味しかったですね。
ブッフェ台にはスペースの都合で
それぞれのケーキ類が10〜15個ずつぐらいしか置かれませんが
無くなりそうになる前に補充されました。
使ったお皿はその都度さげて下さいますし、
パティシエの方はお聞きしたことに丁寧に答えて下さいました。
ケーキの種類は やや少なめで
軽食も口直しのおつまみ程度でしたが
とても満足できました。


《ケーキ類》
「洋梨とチョコレートのシブースト」  器の底には薄く焼かれたほろ苦いチョコクッキー生地で
 その上の洋梨のコンポートはカラメル色に
 スペキュロスのフレーバーで炊き込まれています。
 最後に乗るチョコ風味のシブーストはふんわりと口溶けがよく
 表面のキャラメリゼの香ばしさとパリっとした食感が心地よいです。
 スペキュロスとはフランスやベルギーで食べられている、
 シナモンやカルダモンなどのスパイスを効かせた
 キャラメル風味のクッキーとのことです。
 このケーキのスペキュロスの風味はやさしく仕上げられて美味しかったですが
 好みが分かれるかもしれませんね。

「ヒルトンオリジナル タルトタタン」
 ココット型の器の底のぷるんとしたカスタードクリームに
 ねっとりと色濃く炊き込まれた甘酸っぱいリンゴが乗り、
 パイ生地で器をフタして焼き上げています。
 開始直後に提供されたものは器を持ったら温かくホカホカでした。
 こういうこと、うれしいですよね。

「ブルーチーズ風味のアップルパイ」
 赤ワインでコンポートした角切りリンゴを
 ブルーチーズの生地、パイ生地の順で包み込んでいます。
 リンゴのスライスを乗せて焼き上げていて
 表面はフォンダンの糖衣と砕いたピスタチオで飾られています。
 ブルーチーズと言えどもクセなく仕上げられていました。

「熊本産和栗の抹茶モンブラン」
 しっかりした厚めのビスキュイ生地になめらかな栗クリームが乗り、
 中には甘さ控えめに煮た黒豆が忍ばせています。
 緑色鮮やかな和栗のペーストが絞り出されていますが
 抹茶の風味は控えめで和栗の味がしっかり感じられました。

「ヘーゼルナッツケーキ」
 チョコレート、ビスキュイジョコンド、ヘーゼルナッツクリームの層に
 表面はヘーゼルナッツのプラリネ粒とローストして砕いたコーヒー豆です。
 濃厚なクリームにプラリネの食感とコーヒー豆の香ばしさが
 アクセントになっていました。

「シュークリームのカシスモンブラン」  横方向にカットしたシュー生地の下半分に
 生クリームを合わせたカスタードクリーム、
 中には砕いた煮栗と酸味際立つカシスジャムが忍ばせています。
 上になめらかなマロンクリームを絞り出してシュー生地の上半分を乗せ
 焼きメレンゲが添えられています。

「洋梨とカラメルムース」
 このケーキだけ切り分けられたものをトングで取るスタイルでした。
 軽めの食感のチョコスポンジにしっとりとした甘さ控えめの洋梨のコンポート、
 ほろ苦いカラメルムース、チョコスポンジ、甘めのカラメルムースの層で
 カマボコ型に成形されています。
 チョコガナッシュでコーティングされているのですが
 表面が青紫色に光輝くような仕上げになっていました。

「青森産五所川原りんご入りアップルクランブル」
 器の底にはパンプディングのようなもっちりとした生地で
 甘酸っぱくて柔らかく炊き込まれたリンゴが重なり
 表面にクランブルをたっぷり盛って香ばしく焼かれています。
 開始直後には焼き上がりホカホカの状態で提供されていました。

※ブッフェ台にあった五所川原りんごの説明※
 皮だけでなく果肉まで赤い「赤〜い りんご」
 じつは果肉だけでなく葉っぱや枝まで赤く染まっているのも特徴です。
 生産は世界でただ一つ、五所川原市だけで非常に珍しいりんごです。
 収穫できる量も普通のりんごに比べるとはるかに少なく
 大変希少価値が高いです。
 おもに加工用として使われ果肉の赤さがとても綺麗に現れます。

「ミルフィーユ」
 グラスの底のパイ生地にカスタードクリーム、
 ピスタチオムース、生クリームが重なり
 表面をキャラメリゼした、
 バターが香るパイ生地が最後に重なります。

「グリーンアップルムース」  薄めのスポンジ生地にキャラメルムースを閉じ込めた、
 青リンゴのムースが乗ります。
 表面は青リンゴをイメージさせる淡い緑のパウダーで覆われていて
 トッピングはフランボワーズ、ブルーベリー、チョコ飾りです。
 青リンゴの爽やかな味わいが印象に残りました。

「秋のフルーツタルト」
 グラスの底には生クリームとクッキー生地で
 フランボワーズソース、しっとりしたダマンド生地が重なり
 カットしたフレッシュな洋梨と柿が乗ります。
 上にかけられたサバイヨンソースは卵が控えめで白ワインが効かせてあり
 さっぱりしていて泡のように口溶けがよかったです。

「栗のムース」
 薄めのチョコスポンジに2種類の栗のムースが乗ります。
 中は栗のすり潰したような食感が残る風味豊かなムースで
 外側はなめらかで香り高い栗のムースになっています。
 上にリキュールを効かせたチョコガナッシュを丸めたようなものが乗り
 全体をココアパウダーが覆います。
 トッピングはチョコ飾りと滴状のチョコソースです。

「りんご入りドイツ風パンケーキ」 ※実演
 カイザーシュマーレンという、
 仕上がり前に小さく引き裂いてから焼き上げるのが特徴の
 ドイツやオーストリアで食べられているパンケーキとのことでした。
 フライパン全体にパンケーキ生地を流し込み、
 柔らかく炊き込んだリンゴを乗せてシナモンシュガーをふりかけます。
 焼き色が付き始めたら小さく引き裂いて混ぜ合わせながら焼き上げます。
 お皿にキャラメルバニラアイスと焼き上げたパンケーキが置かれ、
 ソースに見立てた実演のホットチョコドリンクが張られます。
 もっちりした生地に甘酸っぱいリンゴとシナモンの香り、
 砂糖がカラメル状になったほろ苦さが混ざり合って美味しかったです。
 そこにアイスの冷たさとホットチョコの温かさも加わって楽しかったですね。


DSC_0948_20140919215653f9f.jpg

《ホットチョコレートドリンク》※実演
 5種類あるチョコレートから選ぶと
 パティシエの方が小鍋でミルクと合わせて煮溶かされて
 カップに注がれます。
 ミルクが多めですっきりした仕上がりで
 カカオの含有率が高くなると色目が濃くなって
 ほろ苦さが増すことも感じることが出来ました。
 好みでハチミツ、メープルシロップ、グランマルニエ(オレンジリキュール)を
 足してもらえますし、
 チョコレートのままでも食べ比べができるので楽しめます。

 「ヴァローナ ジヴァラ・ラクテ 40%」

 「ヴァローナ マンジャリ 64%」

 「ヴァローナ アルパコ 66%」

 「カオカ エクアトゥール 70%」

 「ヴァローナ オパリス 34%」 ※ホワイトチョコレート

DSC_0900_201409192024057a9.jpg

《チョコレートファウンテン》
 ※ピンク色をしたストロベリーチョコ バージョンでした。
 
 具材は キウイ、パイン、マシュマロ、プチシュークリーム、
 デニッシュ、ブリオッシュ です。


《軽食(おつまみ)》
 コーンチップス(タコスの皮のようなもの)
 サルサソース(かなり辛い)
 チーズ2種類、スナック菓子2種類
 ※コーンチップスとサルサソースは途中で欠品して補充されましたが
  終盤にはポテトチップスに替わっていました。


《フリードリンク》※セルフサービス
 コーヒー(HOT/ICE)
 紅茶(HOT/ICE)

以上 
本当に詳しいレポ 有り難い限りです。

「ヒルトンオリジナル タルトタタン」  食べて見たいものですね~





店舗情報

店  名 : ヒルトン名古屋「ザ・ギャラリー」
TEL  : 052-212-1111
住  所 : 愛知県名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトン名古屋 1F
営業時間 : [月~金]  10:00~23:00
         [土・日・祝] 9:00~23:00 
定休日  : 無休
その他  : 駐車料金が、レストランご利用3,000円以上で2時間無料/ 10,000円以上で3時間無料

ホームページ




駄文へのお付き合い有難うございました<(_ _)>
下記もご協力して頂けると もっと頑張ることが出来ます。

気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ↑  1日一度 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く代わりにクリック (*^-^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 ↑ワンクリックして頂けると心地よく熟睡できます

人気ブログランキングへ
 
最後まで感謝感謝ですm(_ _)m 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1265-913e29c6