ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

家族で富士登山 富士宮口ルート (参) 御鉢巡り~大砂走り~宝永火口

富士山 富士宮口ルート 御鉢巡り 御殿場ルート 大砂走り 宝永火口 
DSC_0481_201408162005205da.jpg
2014年8月2日(土)
朝日ヶ岳の辺りで御来光を見た後は、
昨年の 三交パルック富士登山ツアーでさせてもらえなかった
頂上での記念撮影

そして 山頂火口を一周する 御鉢巡り
尚且つ 日本最高地点 剣ヶ峰での記念撮影に向かって出発です。

尚 今回個人で登るに当たり 参考にさせてもらったサイトは、
 富士山表富士宮口登山組合
 富士さんぽ
 初心者の為の富士登山
です。

DSC_0463_20140816200520a00.jpg
5:17 成就ヶ岳に向かって 時計の逆回りで歩き始めました。

DSC_0465_20140816200525cbe.jpg
火口はこんな感じです。

DSC_0470_20140816200523caa.jpg
5:30 山梨県側 富士吉田ルートの頂上に近づいて来ました。

DSC_0487_20140816202848573.jpg
5:55 昨年くぐらせてもらえなかった 富士吉田ルートの鳥居

DSC_0473_201408162005249d9.jpg
勿論此処でも記念撮影

DSC_0472_20140816202849b9b.jpg
浅間大社奥宮  
主祭神は浅間大神(木花之佐久夜毘賣命・このはなさくやひめのみこと)
奥宮では70才以上の方が登拝記帳をすると記念品(御神酒と扇子)が贈呈されるそうです。

DSC_0489_20140816202852727.jpg
そのまま時計の逆回りを続行
久須志ヶ岳

DSC_0499_201408162028546c6.jpg

DSC_0491_201408162028541eb.jpg
遠くに見えてるのが剣ヶ峰

DSC_0505_2014081620380899d.jpg
登った先に

DSC_0511_20140816203808407.jpg
また登り 流石、 剣ヶ峰

DSC_0513_201408162038090b0.jpg
天気が良かったので なんとか 影富士も写真に収めることが出来ました。

そして
DSC_0515_201408162038129a0.jpg
またまた  富士夢祭り の御神輿と遭遇

DSC_0516_2014081620381306f.jpg
今度は 北海道からやって来た 御神輿も加わり 合計3神輿
ご苦労様です。

DSC_0517_2014081620454821c.jpg
もうひと踏ん張り! 頑張って登って行ったら

DSC_0521_201408162045460d3.jpg
07:00 剣ヶ峰への階段下到着

DSC_0522_201408162045460a5.jpg
待ち受けていたのは、記念撮影の順番待ちの大行列

中にはどう見ても日本人じゃない団体も・・・・
あいつら馬鹿みたいに写真撮りまくるから・・・

DSC_0528_20140816204552707.jpg
日本最高峰 富士山剣ヶ峰 3,775・63m 
7:40  並ぶこと40分余り 無事記念撮影出来たかと思いきや

DSC_0525_201408162045527f1.jpg
中国人の団体が、逆走して来て
此の碑の上を占領し 撮影開始
あいつら 我を通せば日本人の方が譲るの知ってるから
ほんと 傍若無人
カメラの前でうろちょろしたから
「ゴォラ~!」って怒鳴ったけど 
逆に周りから白い目で見られる 寂しさを味わう始末でした

DSC_0539_201408162101494ef.jpg
剣ヶ峰の奥に在る 電子基準点

最後の最後 剣ヶ峰の後に待ち受けていたのが
DSC_0545_20140816210152744.jpg
馬の背の急斜面
固い岩盤の上に砂が載っっていて とても滑りやすく
富士山で怪我をする人の多くが此処で転んでしまった結果だとか・・・
因みに
本来お鉢巡りは仏教の礼法である右繞(うにょう)に基づき、
時計回りが正式な廻り方のようですが

DSC_0550_20140816210152f0a.jpg
滑りやすい この急斜面を登るのも かなりしんどい
まさに 六根 清浄(ろっこんしょうじょう)を唱えながら登るにふさわしい
剣ヶ峰への最後の難関
(私はやっぱり 逆時計回りの方が、良いかなぁ~)


DSC_0556_201408162101554d0.jpg
御鉢巡りを無事終えたので 日本一高い所でラーメンを食べようと
頂上富士館へ

しかしそこは、食堂とは名ばかりの
DSC_0557_20140816212550aff.jpg
仮眠場 
床に寝てる登山客も何人か・・・・
客席で寝るな!って案内告知は在るけど 完全無視
山荘アルバイトも注意せず!
厨房奥で暇そうに駄弁ってるだけ 

仕方が無いので諦めて下山することに
DSC_0560_201408162125539e9.jpg
御殿場ルートを登りきったところに在る 銀明水

DSC_0564_20140816212558941.jpg

DSC_0569_201408162133456a1.jpg
郵便局も在ります。

DSC_0562_20140816212558af2.jpg
同じルートで帰るのは面白くないので
御殿場ルートから 大砂走りを少し体験して
宝永の大噴火跡を通って 富士宮口6合目へ戻る
ルートで下山します。
歩く距離が約2kmも増えますが、今体験しとかないと
もう二度と体験できないかもしれませんからね。

天気がおかしくなってきたけど 強行しました。
(この判断はかなり甘かったと 後から反省)

DSC_0567_20140816212558d41.jpg
8:24 御殿場口から下山開始

DSC_0573_2014081621484352c.jpg
こっちのルートは、なだらかな感じです。

DSC_0576_20140816225004e66.jpg
自衛隊さんの訓練登山?とすれ違い

DSC_0580_20140816214846301.jpg
9:30 御殿場口七合九勺 3,300m 赤岩八合館 到着
こっちのルート 焼き印は、500円 でも5個も焼いてくれる
そして
DSC_0583_201408162148477bd.jpg
1泊2食7000円で カレー食べ放題
ただし トイレ代は宿泊客も有料・・・・


DSC_0586_20140816214850c85.jpg
10:05 御殿場口七合五勺 3,100m 砂走館 到着
焼き印 500円

DSC_0592_2014081621485067b.jpg
ここで今日2回目の朝食  うどん 800円
焼き印の兄ちゃんに料金前払いしたのに
呼び出して来た兄ちゃんが、料金請求・・・
レベルの低いアルバイトばっか当たる・・・・
しかも 雨が降り始めて 合羽を着ながらの食事 orz

遅れて提供された kote2のカレーライス 1,300円
山荘の中で食べさせてもらったのに雨が心配で
お替り無料を体験せず・・・
昨日の夜は、追加料金1000円払ってでも食べたのに・・・

御殿場口七合目 日の出館を過ぎた処で
CIMG1351.jpg
10:58 大砂走りへの分岐

CIMG1352.jpg
本当はもっと急斜面な処も在ったのですが
雨でカメラを仕舞ってしまったので・・・・

ってか 霧で10m先の前が見えないときに 此のルートは無謀かも
ここまで 同じ挑戦者が、何組か居たから心強かったけど

CIMG1357.jpg
11:24 宝永山ルートへ分岐したのは、私達家族だけ
かなりやばい・・・・
雨は土砂降り
視界も悪い

もう少し進んで 本当にやばかったら引き返して
御殿場ルートを降りて タクシーで駐車場・・・
金は掛かるけど命には代えられないと腹をくくって進むと

向こうからやってきた登山客とすれ違い 一安心
その後次々と逆ルートで登ってくる 子供連れの団体さん
霧も晴れて来て 密かに命拾い 
(ムダ金も使わずに済んだ~~)

CIMG1358.jpg
噴火跡も ばっちり

12:33 降りきって 振り返ると
DSC_0593_201408162208332a4.jpg
この逆ルートを登るのは、大人でもしんどいと思うのに
あの子供たち 可哀そうやったなぁ~

此処でしばらく休息してから
最後に再び高低差50m程度を登り 富士宮口ルート6合目へ

DSC_0594_2014081622272023f.jpg
13:25 無事5合目まで戻って来ました。
今から登る人 大変やろなぁ~

売店でお土産を買い始める前に再び大雨 
ここでも ラッキー

天候の悪い中 要所要所では奇跡的に恵まれ
今年は、悔いの無い富士登山が出来ました。

息子達も大きくなったので
もしかしたら 此れが最後の 家族4人水入らずの旅行かも知れなかったので
本当に有り難い思いでした。

もう1泊
ホテルでのカニ食べ放題に続きます。





駄文へのお付き合い有難うございました<(_ _)>
下記もご協力して頂けると もっと頑張ることが出来ます。

気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ↑  1日一度 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く代わりにクリック (*^-^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 ↑ワンクリックして頂けると心地よく熟睡できます

人気ブログランキングへ
 
最後まで感謝感謝ですm(_ _)m

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1195-ee2f9db0