ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

世界遺産 熊野古道 【八鬼山越え】その3 ぜんざいとマンボウの串焼き

世界遺産 熊野古道 熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク 語り部 道の駅
DSC_2461_20140326193931cee.jpg
画像は、下山後振り返った 八鬼山(やきやま)

全8回 語り部と行く「熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク」
 (主催 くまの体験企画、紀伊半島みる観る探検隊実行委員会 HP
  熊野古道語り部と専任ガイドが同行
  歩行中の荷物預かり、リタイア対応あり
  地域の人とのふれあいも盛りだくさん
  申込締切は、各回 開催日の5日前まで
  参加費 各回2,300円(語り部料、引率料、保険料、通信費など)


その第4回 尾鷲市街…やのはま道…八鬼山越え…三木里駅(約12km)
下山編です。

ハイキングそのもののイベント、スポットは、殆どありませんが
考えさせることも在りましたので 記事としてアップします。

勿論 一応グルメブログですので
美味しい記事も付けたします。

DSC_2444_20140326195344619.jpg          2014年2月23日 14:15 十五郎茶屋 跡地 通過

標高627m 八鬼山の頂上でお弁当を食べた後は
電車の時間に合わせて 早々に出発
なんせ 1時間に1本しかありませんから・・・

写真の十五郎茶屋まで下りて来ると 木の間から海が見えます。
DSC_2439.jpg
今からあそこまで下りて行く
今回の登山は本当に海抜0m~海抜0m 
高低差 イコール 山の標高でした。

DSC_2448_2014032620040931d.jpg           八鬼山 三木里側の登山道は、険しい「江戸道」とやや緩やかな「明治道」があります

DSC_2450_20140326200556410.jpg          分岐点から見る「明治道」は、こんな感じでした。

その分岐点あたりから 
今まで歴史ロマンに浸って居た気分が、現実に引き戻されてしまいます。
DSC_2451_20140326201123f04.jpg

白ペンキ以外に 赤ペンキで書かれた名残や
看板も・・・

なんでも 世界遺産に登録すると
それまで「林道」だったものが、「熊野古道」になり
その左右50mは緩衝地帯として たとえ地主でも木を切るには、許可が必要
観光客に配慮して、行政は、地元住民による八鬼山での狩猟も禁止
結果 山は荒れ 畑は荒らされ、山菜は食べ尽くされる。

美林は、
間伐(かんばつ)、伐採、植林など
人が、長い時間 世代を超えて手を入れ続けることで
保たれてきたのに
親方日の丸 1年単位の日和見お役人様には、それが判らない・・・

DSC_2475.jpg
また新たな問題も発生しているようで・・・・

DSC_2454.jpg           八鬼山の63ポイントを無時クリアしたのに
何だか悪い事をしたような そんな気持ちになりました。

そんな気持ちを温かく癒してくれたのが
地元のおばちゃん達
DSC_2466_20140326203825c82.jpg          温かいお茶とぜんざいのサービス

DSC_2467_20140326203917e64.jpg        良く伸びて 噛み応えのある焼き餅が、2個も入ってます
お替りも出来たので 一気に晴々してしまった
粒あん大好きtetumaruさんです

DSC_2474_20140326204542859.jpg            海岸通りを 三木里駅に向かって歩いていくと

DSC_2479.jpg             「暴れん坊将軍」徳川吉宗が、植えさせた松原があり
そのクロマツの大きさに数百年の時間の流れを感じます。

DSC_2483_20140326204925453.jpg           16:15 三木里駅からJRに乗りこんで尾鷲駅まで戻って ツアー終了

帰り道 ちょっと寄り道して
DSC_2485_20140326205135e26.jpg           道の駅「紀伊長島マンボウ」へ (HP
目的は、以前立ち寄った時売り切れしてた マンボウの串焼き

DSC_2488_20140326205733e5a.jpg          ドライブインのレストランには、マンボウフライカレー も在るそうです。
(ついでに 幻の牡蠣 「渡利の弘法かきフライ定食」も季節限定で提供中)
幻の牡蠣 渡利の弘法かき食べ放題の記事は、食べログに投稿したこちらから

さて 肝心の マンボウの串焼きは大行列
大将が大忙しで焼いています。
DSC_2489_2014032621050286b.jpg          未だカチンコチンの冷凍マンボウの串をそのまま鉄板で焼きはじめ

DSC_2490.jpg           熱した鉄板で 人力 プレス!

DSC_2492_2014032621071183d.jpg

DSC_2494_201403262111042db.jpg           並び始めてから10分後 マンボウの串焼き 350円
塩コショウがたっぷり効いて 臭みは全然ありません。
歯応えのある筋肉質の肉です。
脂抜きした鶏肉に近い感じです。
ただやっぱり慌てていたのか? 串の手元の方は、生焼けでした・・・・

一見さんの観光客だからと手を抜いてると
いずれ取り返しがつかなくなると思うんやけどなぁ~

食べた後はお土産探しに店内へ
DSC_2498_201403262118062e6.jpg          大内山のアイスクリーム 抜群に美味しいけどハーゲンダッツ並みの値段

DSC_2496_20140326211930775.jpg           この地方の名物 サンマ寿司、めはり寿司も今更感が在るし

DSC_2499.jpg          欲しかった 「渡利の弘法かき」は、既に売り切れ・・・・

柑橘類も残り物っぽかったので 今回はお土産無
嫁さんに登山の洗い物を差し出すのが
ちょっと怖かったtetumaruさんでした





スクロールお疲れ様でした<(_ _)>
下記もご協力して頂けると もっと頑張ることが出来ます。

気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ↑  1日一度 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く代わりにクリック (*^-^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 ↑ワンクリックして頂けると心地よく熟睡できます

人気ブログランキングへ
 
最後まで有難うございましたm(_ _)m 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1088-71840760