ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

熊野古道 【八鬼山越え】 その1

世界遺産 熊野古道 熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク 語り部
DSC_2274.jpg
期間限定物を優先して記事にしていたら
此方のツアーも今年は、4月19日、4月20日までの後2回
もっとも全行程を制覇するには、8回それぞれのツアーに参加せなアカンから
気長に来年以降もぼちぼち攻めたらええんやけどな

さて
今年2014年で 世界遺産登録10周年を迎える『熊野古道
正式に 世界遺産登録されとるのは、『紀伊山地の霊場と参詣道』で
熊野古道』は、吉野・大峯、熊野三山、高野山等の一部なんやさな

まぁ 登録された当時は、ニュースでそんな事 聞いた気がするけど
10年も経てば 『熊野古道』単独で世界遺産の様な気がするんは、
旅行会社の策略にまんまと引っ掛かっとるんやろな・・・

DSC_2257_201403242102181e1.jpg
「山登り初心者 おっさん組合」の幹事さんが見つけて来てくれたツアーです。

全8回 語り部と行く「熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク」
 (主催 くまの体験企画、紀伊半島みる観る探検隊実行委員会 HP
  熊野古道語り部と専任ガイドが同行
  歩行中の荷物預かり、リタイア対応あり
  地域の人とのふれあいも盛りだくさん
  申込締切は、各回 開催日の5日前まで
  参加費 各回2,300円(語り部料、引率料、保険料、通信費など)


個人で2週間前申込みで「語り部」さんを付けて各峠を越えると
基本 語り部1人につき1日1峠5千円(八鬼山越えコースについては1万円)
何人かのグループで割り勘すれば、こちらの方が安く済みそうですが
上の特典は有りません。
どちらを選ぶかは、それぞれの事情で良いと思います。

DSC_2261_20140324212345076.jpg          今回参加したのは、
第4回 尾鷲市街…やのはま道…八鬼山越え…三木里駅(約12km)
平成26年2月23日(日) 7:35 JR尾鷲駅駐車場
おっさん3人が、集合時間8時に合わせて受付
お弁当代800円も含めて 3,100円の支払い
(因みに此のお弁当も 基本 昼食場所まで持って来てくれる 中高年に優しいツアーです)

DSC_2259.jpg           後援の 「美し国おこし・三重」実行委員会 HPからの記念グッズと水を早速ゲット 
(多分税金から・・・県の職員さんは日曜出勤手当付?)

DSC_2264_20140324213606789.jpg
ツアーの説明と語り部さんが用意してくれた滑り止めの取り付け説明

DSC_2265_201403242141009dc.jpg            森林組合会長の語り部さん(布団屋さん?)の手作り 無料です。
何で滑り止めが必要か?って
それはそれ 低いとは言え 600mを超える「八鬼山」
まだ バレンタインデーの雪が残って アイスバーン状態だそうです。
(もう桜がチラホラ咲き始めてるのに・・・古いネタでm(_ _)m)

DSC_2268_20140324214545b32.jpg         8:20 尾鷲駅を出発して 商店街を通り抜け
第3回ツアーの 馬越峠から続く熊野古道に戻り再スタート
(全8回の行程を ちゃんと線でつなげているのが こだわり派には有り難い)

DSC_2280_20140324215226c26.jpg        向こうに見えるのが、馬越峠

DSC_2277.jpg        此の街道沿いは、ほんとデカい家が多い
個人でヤシの木が何本も在る家なんて早々ないと思いません?

DSC_2283_2014032421553565b.jpg            お年寄りのツアー参加者も大勢います ってか ほとんど 初心者おっさん3人組より上の方々

DSC_2285.jpg

DSC_2286_20140324215817a2a.jpg          9:00 やのはま道 に入りました

DSC_2292_20140324220046dcc.jpg        途中 地元とのふれあいイベント 民話の読み聞かせ
「山の神とオコゼ」
尾鷲市の矢浜地区に伝わる 山の神「笑い祭」 の起源を
尾鷲弁てんこ盛りで話してもらいました。

そのまま 其処の民家を見学
DSC_2300_20140324220737ab1.jpg         築100年以上 屋根の下にたれてるのは、雪国に多い「雁木」(雨が多いからなのか?)

DSC_2303_20140324221056a52.jpg         辰巳井戸 辰巳の方角に掘るそうです

DSC_2296_2014032422121381e.jpg         昔の農機具も展示

DSC_2298_20140324221255eee.jpg        奥に在る 脱穀機 唐箕(とうみ) tetumaruさんちにも昔々 有りました

DSC_2304_20140324221619868.jpg         民家の中の狭い道を 右へ左へ 歩いていくと

DSC_2306_20140324221730d11.jpg        石油備蓄基地
本当は此の基地の中を「熊野古道」が通って居たのですが
時代の流れで・・・・
基地を大回りして 

DSC_2308_2014032422201769c.jpg         9:45 再び 馬越峠を望める処へ 左の雪景色は、大台ケ原

DSC_2314_20140324222322c18.jpg

DSC_2315.jpg

歌碑の在る分岐地点から数分のところに
八鬼山越えをする登山者の為に 駐車場と公衆トイレが設置されています
此処で小休止

参加者 約45人を3班に分け
それぞれに語り部とガイドが付いて
語り部さんの 最終説明

DSC_2318_20140324222849ccc.jpg
「皆さん いよいよ 標高627m 八鬼山越え 本番です。
熊野古道は、全行程にトイレが付いています。
ただし 1番は、熊さん猪さん
人間は2番目です
熊さんに出会ったら譲ってやってください(笑)
トイレに行くときは、
男性は【鉄砲撃ち】に 女性は【御花摘み】に行くと
一声かけて行って下さい」
語り部さんの鉄板ネタでしょうね。
 

続きます。





スクロールお疲れ様でした<(_ _)>
下記もご協力して頂けると もっと頑張ることが出来ます。

気持ちをクリックにしてみませんか? 
クリックで救える命がある。


にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村 ↑  1日一度 応援クリック お願いしますm(_ _)m 
 
にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
にほんブログ村 ↑   次の馬鹿食いに向かって尻を叩く代わりにクリック (*^-^)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村 ↑ワンクリックして頂けると心地よく熟睡できます

人気ブログランキングへ
 
最後まで有難うございましたm(_ _)m 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sarutobi88.blog69.fc2.com/tb.php/1086-27c22e52