ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

かん袋【堺市】 『氷くるみ餅』と仁徳天皇陵散策

堺市 老舗かん袋 「くるみ餅」「氷くるみ餅」 仁徳天皇陵

DSC_3022_20170619201158cb8.jpg

今日 ファミリーマートレジで
先にTポイントカードを出して小銭入れを取り出そうとしてると
「Tポイントカードはよろしいですか?」って
(目の前にあるやろ!!)
「ただいま ファミチキが、安くなっておりますが?」
(誰が買うか!)
(だいたいのくせに 朝鮮式礼をするな! 
気持ち悪い!)


と 心の中で叫びまくったtetumaruさんです。


さて アゴーラ堺に遠征する機会を利用して
地元の超有名店探訪♪

堺市の老舗 かん袋 は、

鎌倉時代末期、元徳元年(1329年)に創業
安土桃山時代に、太閤豊臣秀吉が、
名付けたお店だそうです。

因みに tetumaruさんの小中時代は、
秀吉の『朝鮮征伐』って習ったけど
今は、よくて『朝鮮出兵』
へたしたら 『朝鮮侵略』って習うんやよな・・・・

その時代の人がどう呼んでたかが、重要なんて言いながら
歴史を改ざんして行く歴史学者さん達のダブスタのひとつやわな。  

禁裏御用菓子司 俵屋吉富【京都】の銘菓 『雲竜』  

京都府京都市上京区 俵屋吉富 銘菓 雲竜 老舗 禁裏御用菓子司
DSC_0907_20141115201741849.jpg

随分前からストックさせてもらっていたネタから
(決して 没ネタ回収って訳ではありませんので・・・

2014年4月13日に京都の無料パワースポット ←ここ大事(笑)
清明神社に参拝した後買った
200年以上続く老舗 京菓匠 鶴屋𠮷信 HP の
銘菓 『京観世』 の記事を読んで下さった方から頂いた

京銘菓 『雲龍 』

絶品でした  
 

「きみごろも」と「黄身つつみ」【奈良県大宇陀】メレンゲ仕立ての珍しい和菓子

奈良県宇陀市大宇陀 きみごろも 松月堂 黄身つつみ  田中日進堂 
DSC_0302_2014091219405123c.jpg
奈良県の大宇陀 まだまだ昔の情緒が残る城下町に
知る人ぞ知る 珍しい和菓子が在るのを知ったのは随分前の事です。

機会を伺うもなかなか訪問できなかった そんなお店に
Stella Lune ステラリュヌのパンケーキビュッフェの後に
立ち寄ることが出来ました。

今回は、似て非なるものの食べ比べ
「きみごろも」と「黄身つつみ」
さてさてその結果は・・・

太白永餅 金城軒【四日市市】 明治維新1868年創業

四日市市本町 太白永餅 金城軒 なが餅 老舗 手作り 
DSC_0404_201407182033122c7.jpg
伊勢街道と熊野街道 
その二つを有する三重県は、
昔から旅人が立ち寄る茶屋が軒を連ね、餅菓子文化が発展してきました。

その中 北勢地区を中心とする なが餅は、
つぶ餡(あん)の入った細長く平らな焼餅のことで
その形と音の響きから ながもちは、『長餅』と勘違いされがちですが
地名から来た名前です。

四日市の日永で食べられているから 「永餅(なが餅)」 笹井屋 さん
桑名の安永で名物になったから 「安永餅」  安永餅本舗 柏屋 さん と 永餅屋老舗 さん
鈴鹿市神戸(かんべ)のそれは 「立石餅」 って言うんですけどね(^^ゞ   あま新 さん
(2011年2月12日 安永餅食べ比べ その様子は、 こちら と こちら
因みに 笹井屋は天文19年(1550年)創業で、現存する店の中では最も古いと考えられています。

そしてもう1軒
知る人ぞ知る 明治維新 1868年創業
四日市市
太白永餅 金城軒 HP 

何時か 笹井屋永餅と食べ比べをしたいと思っていた処へ 
嫁さんの叔母さんから 嬉しいもらい物でした。

【赤福】 7月の朔日(ついたち)餅は、 『竹流し』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 竹流し 水ようかん 行列のできる店 
DSC_0599_201407021930487cf.jpg
平成26年も半分を過ぎて 7月に突入
ほんと 暑っついなぁ~

TVを見てたら 富士山 山梨県側が山開きしたそうで
夜を徹して登った人たちが、防寒具に身を包んで御来光
寒そうやったなぁ~

世界遺産登録されて2年目の富士山
ますますの人気で 今年も登山道は数珠つなぎ なんやろなぁ
まぁ それでも登りたいんと思うんは、日本人やからなんやろなぁ
(今年は、7月10日に山開きする静岡県側からリベンジだぜ

さて 日本一行列が出来る 「赤福」の『朔日餅』
7月はその中でも一番人気の 竹流し です。 

【赤福】6月の朔日(ついたち)餅は、 『麦手餅』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 麦手餅 行列のできる店 
DSC_0028_20140615195628153.jpg
6月も半ばになってから 朔日餅の記事
遅過ぎやわな・・・

他に優先してアップしたい記事が在ったからやけど
個人的に もうちょっとやった事も
延び延びになった理由の一つやて・・・

【赤福】5月の朔日(ついたち)餅は、 『かしわ餅』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 かしわ餅 行列のできる店 
DSC_4418_20140502233241cd8.jpg
うわぁ~~~ 慌てて写真撮ったら 転覆 逆やった・・・orz

今年のGWもすでに後半
皆さん残り少ない休日をいかがお過ごしでしょうか?

私とkotetuは、最近恒例となった
「父子貧乏旅行」にお出かけ中です。

今年のGWの旅行先は連休が前半と後半に分かれた為
近場が多いそうです。
NHKのニュースによると 海外も グアムやタイ、カンボジアだとか
あれ??? NHKが大好きなあの国が入ってない???
流石のNHKも今年だけは捏造出来る雰囲気やないわな

あれだけ連日 国家を上げて
予想を超える斜め上の行動を見せつけられたら
誰も行きたいとは思わんもんな

今回の件で 日本からの修学旅行も生徒さんの安全を考えて
他の場所に変更になったら
親御さんたちも安心できるのになぁ
(奈良の智弁は、日狂祖推奨謝罪修学旅行に行くそうですが・・・・
 あの辺り一帯は、頭の中まで綺麗な お花畑満開なんでしょうね(笑))

さて 行列のできる店 全国№1の 伊勢「赤福」HP の朔日餅(ついたちもち)
5月は、端午の節句の定番『かしわ餅』です。

鶴屋𠮷信【京都市上京区】 『つばらつばら』と『京観世』

京都市上京区 鶴屋𠮷信 老舗 京観世 つばらつばら
DSC_3825.jpg
京都人が選ぶ 京都の美味しい和菓子として
必ず上位にくい込んでくる 『京観世』

享和3年(十返舎一九の『東海道中膝栗毛』発売の1年後)
【1803年】(ナポレオンが皇帝になる1年前)創業の
200年以上続く老舗 京菓匠 鶴屋𠮷信 HP

普通の「吉」 と違って 正確には、「つちよし」
外字登録せずに コピーで引っ張ってきたけど 正しく表示されてるか心配です。
 

 

【赤福】4月の朔日(ついたち)餅は、 『さくら餅』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 さくら餅 行列のできる店 
DSC_3484_2014040120314513b.jpg
桜が満開になって来ましたね。
どうかこのまま週末まで持ってほしいと願いながら
仕事に励む エイプリルフール 4月1日です。

エセ環境保護団体「シー・シェパード」の母国オーストラリアが提訴した
国際司法裁判所の「南極における捕鯨」訴訟で日本が、完全敗訴
先住民を追い出して カンガルーを虐殺する白豪主義の差別国家  
「日本の捕鯨船が先に攻撃してきた」なんて平気で嘘をつく シー・シェパードの
パトロン国家に負けてしまう 我が日本国
エイプリルフール話だったらどんなに良かった事か 

まぁ 「調査捕鯨」なんて裏ワザでこそこそ鯨獲ってるのも
日本の役人らしい言い訳やからなぁ
捕鯨国際取締条約は、鯨族という大きな天然資源を護るための条約
捕鯨を永久に全面禁止する条約やないから
自然増加になっとる現状をちゃんと証明して
資源として堂々と正面から「商業捕鯨」が再開出来たらええのになぁ

それまでは、ささやかな抵抗として
オーストラリア産不買運動でもしとこかな 

さて 行列のできる店 全国№1の 伊勢「赤福」HP の朔日餅(ついたちもち)

4月は、 正々堂々真正面からの『さくら餅』です。

元祖生八ツ橋 西尾為忠商店【新京極店】 無添加手作り 四角い生八つ橋♪

京都市中京区新京極 生八つ橋 無添加 手作り 西尾為忠商店
DSC_2669_20140327203031a40.jpg
数ある京都のお土産で未だに圧倒的な人気を誇る「生八つ橋」「八つ橋」

製造メーカーも18社くらいあるそうです。

その中でも 京都八つ橋4大メーカーは、
昨年 工場見学した おたべ の他

聖護院八ツ橋総本店
 もっとも古い八つ橋屋さん「聖(ひじり)」で有名

井筒八ッ橋本舗
 「夕子」「夕霧」で有名なお店

本家西尾八ッ橋
 圧倒的な種類を誇る 「あんなま」で有名


しかしその一方で 隠れた名店として
新京極と清水道と銀閣寺道の3店舗しか買うことが出来ない
無添加完全手作りの 長方形の粒あん生八つ橋のお店
西尾為忠商店 が、お勧めだそうです。 

【赤福】3月の朔日(ついたち)餅は、 『よもぎ餅』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 よもぎ餅  
DSC_2500_2014030419133163f.jpg
行列のできる店 全国№1の 伊勢「赤福」HP の朔日餅(ついたちもち)

3月は、 『よもぎ餅』
古来、よもぎは「魔除草」と呼ばれ、久しく食されてきました。
昔、三月三日に蓬(よもぎ)餅をお雛様にお供えしたのは、
香り高く繁殖力の強いよもぎを餅にして子孫繁栄・無病息災を祈るためです。

三月の朔日餅は「よもぎ餅」。よもぎの持つ色と香りをそのまま練り込んだ餅生地で、つぶ餡を包んでいます。
女児のすこやかな成長を祈る上巳(じょうし)の節句(桃の節句)にちなんだ餅菓子です。

by ホームページ

【赤福】2月の朔日(ついたち)餅『立春大吉餅』と玉城ふれあい農園の『章姫いちご』

伊勢市 赤福餅 朔日餅 立春大吉餅 玉城ふれあい農園 章姫いちご 
DSC_1563_20140202210327586.jpg
行列のできる店 全国№1の 伊勢「赤福」HP の朔日餅(ついたちもち)

2月の朔日餅は、「立春大吉餅」。
黒大豆と大豆を使った二種類の豆大福です。
一つは、大粒の黒大豆とこし餡を餅生地で包み、
もう一つは、こし餡と大豆を包んだ餅生地にきな粉
「鬼は外、福は内」、皆様がまめに過ごされ、
ますますご繁栄なさいますよう、心から祈念する餅です 
( byホームページより抜粋)

嫁さんが、先月15日までに予約してくれた御餅が今月も届きました。

大須観音 食べ歩き(5) 「名古屋一丁焼」 鯛福茶庵 八代目澤屋 

名古屋市大須 鯛福茶庵 八代目澤屋 大須観音 食べ歩き 天然ものたい焼き 
DSC_0928_201401272010395f2.jpg         画像は、早朝開店前の鯛福茶庵 八代目澤屋

更新サボって居たら早くも月末・・・・
其れなのにネタは、初詣の食べ歩き・・・・
このまま今年もだらだら行ってしまいそうな メタボなおっちゃんtetumaruさんです。

さて 自他ともに認める 粒あん大好きなtetumaruさん
特に たい焼き、どら焼き、天輪焼き、
有ればあるだけ食べてしまいます。

さらに 一丁焼き 天然もの 鯛焼き 焼き立て熱々ともなれば
それはもう並んでいる時から至福の時間だったりします。

一応 三重県の天然ものたい焼きを制覇していますので(訪問の様子はこちらから)

今回いよいよ愛知県にも進撃です。


甘党 様からのご指摘により
三重県の天然ものたい焼きを制覇した と思っていたのは間違いでした。
 
2014年1月28日 20:30 修正追記
現在三重県で天然ものたい焼きが生息しているお店は、
  日吉屋 - 三重県伊勢市吹上1-7      訪問の様子
  ナガシマ - 三重県熊野市井戸町656-1   他の方のブログ記事   
  えびすや - 三重県桑名市新矢田2-22    ヒトサラ
  森口屋製菓 - 三重県志摩市阿児町鵜方4024   訪問の様子
  大田屋 - 三重県志摩市阿児町鵜方4066    訪問の様子
  ビストロ ぴあっと - 三重県津市鳥居町227   閉店
  たい焼き かめや - 三重県松坂市宮町130   閉店  訪問の様子
  伊藤商店 - 三重県四日市市浜田町2-2    訪問の様子
  山新 - 三重県度会郡南伊勢町田曽浦4002-154   他の方のブログ記事

まだ3店舗も残ってました・・・
(当時検索した時は6店舗だったのですが 嬉しいやら恥ずかしいやらです)
それにしても 全国で八十数店舗しか残って無いお店の内 1割が三重県に集中
三重県人の餡子好き 本物です


【赤福】12月の朔日餅(ついたちもち)は、 『雪餅』 火の用心付き

伊勢市 赤福餅 朔日餅 雪餅 火の用心 
DSC_0268_20131203195617299.jpg
平成25年も もう師走
お歳暮に大掃除に年賀状・・・その他諸々
日は短くなるし、やること山ほどあるのに
8日、15日は日曜出勤 既に確定・・・
忙しいなぁ ほんまに師走やて

地元の消防団さんは、年末の夜警も せなあかんもんなぁ
うちの長男も今年で2回目
「♪火の用~~心」 カン・カン
の声と 拍子木の音が響くのも 言うとるうちやさ

この夜警 
最近は、安眠妨害や!なんてクレームで 
せんように成って来とる地域が増えとるみたいやなぁ
おっちゃんらのとこは田舎やさかい 問題なし
「昨日は、一回しか周らんだんとちゃうか?!」 とか
「声がバラバラや!」とか
じぃさん、ばぁさんらのクレームの方が多かったするんやさ(笑)
 
「消防の法被(はっぴ)着とったら
 年末の飲酒運転摘発の検問もフリーパスや!」
なんて豪語する時代の年寄り連中やから
地元の消防団なんて赤子みたいなもんやさ 

さて 本題
伊勢名物 赤福餅の12月の朔日餅(ついたちもち)は、 
『雪餅』
「火の用心」 の貼り紙付です。

ふたば七条【京都市】 豆餅 140円と くり餅 150円

京都府京都市下京区七条通大宮東入大工町 ふたば七条 豆餅 くり餅 豆大福
DSC_2402_20131127221312468.jpg
年に4回行われる カトレア 新十条店の店売りケーキバイキング
その予約が取れたので 久しぶりに嫁さんと京都遠征♪

4月に行った 宇治の 
はんなりかふぇ・京の飴工房 『憩和井』(いわい)の
和スイーツバイキング以来になります。
(訪問の様子はこちらから

今回 スタート時間は11:00から
本来ならケーキバイキングの後 ちょっとでも京都見物をしたいところですが
生憎 夕方から嫁さんに予定が入っているので 長居が出来ません。

そこで スタート時間前に
西本願寺の傍に在る ふたば七条にてお土産購入です。

【赤福】11月の朔日餅(ついたちもち) 『ゑびす餅』で商売繁盛♪

伊勢市 赤福餅 朔日餅 ゑびす餅 
DSC_1890_20131105194516a87.jpg
いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日・ABC系)で
U字工事が、昨年2012年4月より1年かけて、
毎月1日にのみ販売される朔日餅(ついたちもち)」の全種類ゲットを目指して
並び続けて 全国区どころか
『日本一の大行列 即日完売グルメ』
となったのは記憶に新しい処です。

(因みに番組ホームページのバックナンバーは情報の宝庫だったりします)

さて 番組では何日も並んでいましたが
条件を満たして予約すれば並ばなくても購入できるのも事実です。
(予約方法はこちらから

京都宇治へ『和スイーツバイキング』を求めて

京都宇治市 平等院の表参道 和スイーツ オーダーバイキング
DSC_4637_20130422195702.jpg
京都宇治市 宇治川にかかる
宇治橋(うじばし)は、646年(大化2年)に初めて架けられたという伝承がある
日本最古の橋の一つだそうです。
(「瀬田の唐橋」、「山崎橋」とあわせて 日本三古橋

DSC_4640_20130422200704.jpg
そして此処は、かの紫式部の『源氏物語』最終章「宇治十帖」 
最終巻 【夢の浮橋】の舞台

DSC_4629_20130422201410.jpg           

夢菓子工房 ことよ【四日市市】 『いちご桜』と『いちご大福』

四日市市西日野町 夢菓子工房 ことよ いちご桜 みたらし団子 TVチャンピオン
DSC_5750.jpg
『たねや』 (HP)  HEART BREAD ANTIQUE(ハートブレッドアンティーク)HP
ダブルパンチの末にたどり着いたのが あっきーさん紹介の
夢菓子工房 ことよ (HP)です。
目的は、この時期限定で絶品と噂されている
和スイーツ いちご桜

殆ど予備知識なしで訪問したら
店舗前の駐車場は常に空車待ちの盛況ぶり
此処は、
昔見ていた テレビ東京の「TVチャンピオン」に
何度も出ていた三重県の和菓子職人さんのお店でした。
(正直 お名前は失念していました。
 なにせ相手のチャンピオンが強すぎましたからね 
 殿堂入りチャンピオン 菓匠「白妙」  高橋弘光 氏 に
 あと一歩まで迫った 準優勝が、ホームページでも語られています)


「ことよ」とは「よろず」とおなじ意味で「あらゆるもの・なんでも」という意味が在るそうです。  

出町ふたば 【京都市上京区】 名代豆餅と黒豆大福

京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町 出町ふたば 名代豆餅 黒豆大福
DSC_2191_20120711152059.jpg
明治32年創業 の老舗 「出町ふたば」
行列のできる店として 雑誌やテレビで取り上げられることは
毎度のこと

つい先日の 2012年5月10日放送  「いきなり!黄金伝説。」 でも
日本全国即日完売グルメBEST30の16位として
名代「豆餅」が、紹介されていましたね。
(因みに第1位は、三重県「赤福」の朔日餅でした)

昔ながらの製法なので 作り立てをその場で食べるのが一番
少なくとも 当日中に食べないと固くなってしまうので
本来お土産には不向きなんですが、
此処まで来たら 並んででも買いたくなるのが
食いしん坊の性ってもんです。

ホッカイヤ【津市】 香良洲の名物 『たがねみたらし』

三重県津市香良洲町馬場1170 みたらし団子 たがね餅 やじろ バームクーヘン
DSC_0035_20110921201309.jpg
じいさん(おっちゃんのオヤジさんね)が何を思ったのか
子供達に買って来てくれた
旧香良洲町(現津市香良洲)の名物みたらし です。

旧香良洲町で有名な物と言えば 『ホッカイヤ』のこれ と
深夜に誰もも追いつけない高速船で
南島までお出かけする漁師さん←ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ

潮干狩りですね。

小ネタですが、ちょっと変ったみたらしなので
紹介させてもらいます。

蜂蜜まん本舗【津市】 みんな大好き蜂蜜まんじゅう♪

三重県津市大門8-5  和スイーツ 
DSC_0942.jpg

津市民なら誰でも知っているであろうソウルフードのひとつ 蜂蜜まんじゅう 
創業は昭和28年 養蜂園を経営していた初代が作り上げた
蜂蜜の香りたっぷりの名物饅頭です。

因みに 津からの御土産や手土産は、 
千寿の天むす とこちらの蜂蜜まんじゅう がおっちゃんらの年代は定番だったりします。
(季節によっては とらや本家のいちご大福もね)
爺さんたちの時代は 平治せんべい かな(笑)
もうひとつ B級スイーツとして さかえやのカレー焼き も美味しいです。

場所は、津市のど真ん中 23号線沿い 津都ホテルの隣にあります。 
駐車場は2台分 店の手前の交差点を左へ入って直ぐ
千寿の天むすの手前にあります。

もち餅天国三重県 さわ餅食べ比べ(4) 甘党の店 山作 【松阪市】

三重県松阪市中町1857 さわ餅 名物餅 
DSC_1007.jpg
昔と比べると早いけど 野上がりの季節です。

野上がり ってゆうても百姓以外にはなかなか判らんやろなぁ
田植えが終わって百姓仕事が一段落ついた事をいうんやさな
田植えも苗を植えるだけが仕事とちゃうでな
それまでの下準備の方が大変やでな
田んぼをおこして、あぜきって、あぜぬって、水入れて、すいて、ならして、
一日~2日おいて、水きって それからやもんな

おっちゃんの小さい頃は それこそ家族総出 
父方だけでなく母方の親戚まで手伝ってもらって 田植えやったもんな
そんな一大行事のあとが 野上がり 
ごっつぉう(御馳走)が食べられるんさな

おっちゃんとこは いばら餅をよう作ったんやけど
ちゃんと餅をついて さわ餅を作る家も三重県南部には多かったそうや

もち餅天国三重県 さわ餅食べ比べ(3) 伊賀屋 【松阪市】

三重県松阪市本町2150 さわ餅 名物餅
DSC_0999.jpg

ここ伊賀屋さんは 創業文政二年1819年)ですから 200年以上前から続いているお店です。
同じ松阪で 福徳餅とさわ餅が看板商品の 『福徳餅』 は創業 天保元年(1830年
共に気の遠くなるような歴史の重みです。

因みに 日本以外のアジアの国には老舗というものは殆どありません。
200年以上続いている老舗は韓国はゼロ、中国は9、インドは3ですが、日本には3,000もあるそうです。
世界に200年以上続いている老舗は おおよそ7,000在るとされているので
その半数近くがこの狭い国土の中に存在するわけです。

100年以上続いている店は小さな商店や製造業者を含めると 10万軒以上だとか
なんだか 日本と言う国と其処でひたむきに頑張る人が また好きになる話だと思いませんか

もち餅天国三重県 さわ餅食べ比べ(2) 餅喜商店 【志摩市】

三重県志摩市磯部町迫間 346-8 さわ餅 茶饅頭 名物餅
DSC_3646.jpg
三重県の北は松阪から南は伊勢志摩辺りまでの範囲で極普通の一般家庭でも作られていた
郷土名物餅が さわ餅 だと考えています。
志摩磯辺地方を発祥とする説もあります。
薄く延ばした のし餅を四角く(ほぼ正方形に)切り、二つ折りにして、こし餡をはさみこんであります。
白とヨモギの2種類があるものの 単純なその造りは餅と餡子本来の味を素朴に味わう
田舎そのものの懐かしい味であると思います。

また おっちゃんの地元松阪では つぶ餡を挟み込むのが主流で
こんな違いも土地柄が現れていて面白いと思います。

志摩磯辺でさわ餅を看板商品にしているお店は 竹内餅店 と ここ餅喜商店 
2011年3月13日 プライムリゾート賢島 サンデーケーキバイキングに訪問する前にテイクアウトしに立寄りました。


もち餅天国三重県 さわ餅食べ比べ(1) 竹内餅店 【志摩市】

三重県志摩市磯部町穴川1182-11 杵つき さわ餅 名物餅
DSC_2249 2011年2月10日 外観
【2011年2月10日 初訪問時撮影】
古くからお伊勢参りで賑わった三重県には数々の名物餅があります。
その中でも松阪市から伊勢志摩地方で極めてありふれた身近な御餅がさわ餅です。
この餅が郷土料理で この地方にだけ伝わる餅だと知ったのは大人になってから
なんせ 四角に切った のし餅に餡子を挟んだだけのシンプルな御餅ですからね。

松阪、伊勢、志摩それぞれに さわ餅を看板商品にしているお店が在ります。
餡子がつぶ餡だったり漉し餡だったりしますが 基本はみな同じ

野上がりの季節にちなんで さわ餅食べ比べに挑戦です。
(決してボツネタ回収って訳では在りませんσ(^_^;))
DSC_2253.jpg
  

五十鈴勢語庵 岩戸の塩でつくられた塩羊羹

三重県 伊勢市 二見 和菓子 塩羊羹 食べ歩き 
ネタ切れ気味なので過去ログからの転載 加筆修正ですm(_ _)m


塩羊羹は長野県諏訪大社周辺が全国的に有名です。
その代表新鶴本店塩羊羹は特産の寒天で周りを包んでいる為やや透明感のある塩羊羹ですが ここ三重県二見町五十鈴勢語庵塩羊羹は上質な小豆に岩戸の塩を使い、余分な添加物を加えずじっくり練り上げた黒い羊羹です。
伊勢には美しい海があり 古来から伊勢神宮に納める塩を作る御塩田がありました。
その伝統の「二見岩戸の塩」が、使われています。

二見旅館街の端 「くうや餅」鈴木翠松軒の前にあります。
 

能登椽 稲房安兼 (のとのじょう いなふさやすかね) 茶だんご

京都府 宇治市 和スイーツ 茶だんご 平等院参道  食べ歩き 


たま木亭?俺のラーメン あっぱれ屋に移動する際にまたもや立ち寄りました。
ここの茶だんごは、家で留守番の次男坊にどうしても買っていってやらねばならない品となっています。

2010年7月31日 13:03長男と 3度目になる訪問 

駐車料金が惜しいので 車を安全帯に停めて嫁さんを残しての訪問です。
長男に 家の分は30粒入り420円 2箱で良いか訪ねると首を振ります。
「それやったら 54粒入り680円 2箱でええな!」と言っても納得しません。
54粒入りは次男が多分一人で食べてしまうので もう一箱は、もっと大きいのでないと
自分の分が少なくなると心配しているようです。
次男だけでなく長男も超お気に入りのだんご だと言うのを忘れていました。 

福徳餅  創業天保元年 伝統を守る松阪の老舗

三重県 松阪市 和菓子 さわ餅 食べ歩き 過去ログからm(_ _)m


福徳餅の創業は天保元年。

当時、お伊勢まいりをする人々が休憩に利用した、古くから愛される地元松阪の老舗中の老舗です。
本当に美味しいくて安全なものを自信を持って届けるために 保存料や添加物を一切使わず 国産の材料だけで伝統の味を守り続けています。
それゆえ たった1日しか日持ちはしませんが、何より本物の味を味わうことが出来るそうです。

私の家は 昔は正月の餅を もち米を蒸して臼と杵でついていたのですが、それがいつしか機械でつくようになり 20年ほど前から この福徳餅で注文するようになりました。
注文するのは、松阪市西町2501【TEL】0598-21-0615の方です。

赤福 二見支店  期間限定 冷やしぜんざい、赤福氷

三重県 伊勢市 二見 赤福餅 赤福氷 冷やしぜんざい 食べ歩き 和スイーツ 


三重県で食べ比べをしてみたい一番の組合せ 「赤福餅」 と 「御福餅」
それも 家に帰ってから食べ比べるのでは無く その場で出来立てを食べ比べたい。
そんな(自分勝手な)企画を 実践できる場所 それが二見にあります。
ここ赤福 二見支店と 御福餅 本家は、家一軒を挟んだ隣同士
わずか30m程しか離れていません。

マイレビュアー クリリンさん 紹介の 『冷やしぜんざい』を食べる目的もかねて訪問しました。
(出だしコピー丸出し (;^_^A )

御福餅 本家  御福氷を食べました^^

三重県 伊勢市 二見 和スイーツ 名物餅  食べ歩き 



 三重県で食べ比べをしてみたい一番の組合せ 「御福餅」 と 「赤福餅」
それも 家に帰ってから食べ比べるのでは無く その場で出来立てを食べ比べたい。
そんな(自分勝手な)企画を 実践できる場所 それが二見にあります。
ここ御福餅 本家赤福 二見支店は、家一軒を挟んだ隣同士
わずか30m程しか離れていません。


マイレビュアー クリリンさん 紹介の 『御福氷』を食べる目的もかねて訪問しました。