ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

流氷ノロッコ号とオホーツク牛乳プリン 冬の北海道旅行6日目(4)

流氷ノロッコ号 オホーツク牛乳プリン ノルディックファーム 網走
DSC_0124_20120310191021.jpg  左 ノロッコ号 ヘッドマーク80周年限定バージョン 右は 流氷特急オホーツクの風 HP
ノロッコとは、「ノロい(遅い)」と「トロッコ」とを掛けた造語
流氷で埋め尽くされたオホーツク海を望む海岸線を
ノロノロのんびり トロッコ車のような車両で
網走駅から知床の玄関 知床斜里駅まで 一時間かけて走る
期間限定の車両です。
料金は 810円 座席指定が300円です。

2012年2月20日(月)
網走流氷観光砕氷船おーろら号(HPの約1時間のクルーズを終え
昼食でちょっと失敗した後は
二つ目の流氷イベント JR釧網本線 流氷ノロッコ号 HPです。 (乗務員のブログ
網走駅のコインロッカーからスーツケースを引っ張り出し
改札を抜けたら なんとノロッコ号は向こう側 2番線ホーム
エレベーターが在るか無いか分からないまま
エンヤラエンヤラ 階段を登って降りて 大急ぎ
目的はただ一つ 出来るだけすっきりとした写真を撮りたいが為
この旅行で完全に鉄オタ(撮り鉄)の仲間入りしそうな
メタボなおっちゃんtetumaruさんです。 



関連記事

ザンギ丼とオホーツク鮨【網走】 鮨割烹 花のれん 冬の北海道旅行6日目(3)

北海道網走市 ザンギ丼 オホーツクサーモン ご当地グルメ 寿司
DSC_0078_20120308205928.jpg
『小樽食堂』 HP や 『つぼ八』 HP のように
北海道系の居酒屋でザンギと言えば鶏の唐揚げの様なもの
しかし 正確なザンギの定義は
料理の名前であり「から揚げにしたもの」という意味を持つと
くしろザンギ推進協議会 は定義しています。

網走ご当地グルメ ザンギ丼 は
網走産のオホーツクサーモンを天然の調味料である白魚醤油に漬け込んで揚げた
網走ザンギ」を北海道産のご飯の上にのせた・丼(どんぶり)料理だそうです。


つまり三重県でたとえるなら 
亀山みそ焼うどん や 四日市のトンテキ津餃子 の様に 
もともと地元で愛されてきた料理が広がって行ったものではなく
(「三國屋」の「田舎あられ」でつくる あられ茶漬けが一番ご当地グルメかもね(笑))

とばーがー のような企画もの・・・

やや不安ながらも 他にあてもないので 取りあえず挑戦です。

因みに 仮面ライダー響鬼 で一番カッコ良かった
斬鬼(ザンキさん役の松田賢二は、辺見えみりの旦那さんです。
って 全然関係無いウンチクでした・・・。 

関連記事

網走監獄と『お~ろら号』 冬の北海道旅行6日目(2)

網走市 網走監獄 天都山 おーろら号  
DSC_0926_20120308190922.jpg
♪ここは網走番外地~ ← 此処本来なら動画をリンクすべきところ
元々1959年に小高雄二、浅丘ルリ子主演の純愛映画として制作された「網走番外地」
1965年にタイトルだけもらい高倉健の脱獄・逃亡アクションで大当たり
結果 網走のイメージさえも 監獄と酷寒の地としてしまいました。

と説明されたものの 流石のおっちゃんでも
浅丘ルリ子は、化粧のどぎついガリガリおばさんのイメージしかないし
高倉健も「幸せの黄色いハンカチ」と「野生の証明」のイメージしかないのが本当の処です。
(あのころの薬師丸ひろ子は、ほんま可愛かったなぁ~
 今は・・・・ まぁ 松坂慶子の劣化に比べたら・・・)

旅行とは、全く関係ないけど 「野生の証明」の主題歌 戦士の休息
貼り付けちゃいます。 ← こっちが本命かよ!(笑)



2012年2月20日(月) 
9:00 開館に合わせて 8:40にホテルを出発
タクシーのおっちゃん ヒャッヒャッヒャと今日もニコニコ顔
昨日の13,000円と今日の8,000円 合わせて 21,000円
もしかして 笑いの止まらない客だった?←オイオイ

関連記事

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートCOTA 朝食バイキング 冬の北海道旅行6日目(1)

DSC_0915_20120307180558.jpg
結婚20周年記念 冬の北海道旅行も6日目
いよいよこの旅行最大の目的
網走流氷観光砕氷船おーろら号(HPに乗船する日です。

10年以上前 私が国内慰安旅行で一番感動した大自然の景色

「何時か連れて行ってやろう」 と約束しいたものの
来年こそは! 来年こそは!と 歳月だけが流れ
最初のころの
「今年もエエ夢見させてもろたわ」とも言われなくなって数年・・・

やっとその約束を果たす日でもあります。

因みに 2012年2月20日(月) の工程は

8:40 ホテル発 貸切タクシーで
網走監獄博物館 ~ 天都山 ~ 網走駅(スーツケースを預けて) 
~~網走港 
11:00 おーろら号乗船 12:00まで
12:00~徒歩でお店を探し昼食 そのまま網走駅へ
13:57 網走駅発 流氷ノロッコ3号にて 知床斜里へ 14:55着
15:40 知床斜里バスターミナル~ウトロ温泉16:30着 
知床第一ホテルHP) 泊  夜は オーロラファンタジー の予定


元気に予定をこなすためにも朝からガッツリ 朝食バイキングです。
場所は夕食と同じ 
天空の丘 あばしり湖鶴雅リゾートHP) 1F
オホーツクバイキングレストランCOTA コタ です。



関連記事

北天の丘あばしり湖鶴雅リゾートCOTA ディナーバイキング 5日目(3)

DSC_0626_20120305232858.jpg
2012年2月19日 16:55 天空の丘 あばしり湖鶴雅リゾート HP  
阿寒湖に拠点を置く 鶴雅グループの系列で
網走湖畔温泉にある廃業した網走グランドホテル(旧ホテル大観)を
改築、一部新築して 5年前 2007年に新装オープンしたホテル
DSC_0633_20120306193356.jpg  ウエルカムドリンクを飲みながらチェックイン
オホーツクの北方民族文化を (モヨロ貝塚)をコンセプトにした
内装ともてなしで迎えてくれる 
安くて美味しい 中国人、韓国人団体客の居ない 
安心のホテルでした。

関連記事

層雲峡から網走へ オホーツク3号も同乗者に恵まれず 5日目(2)

DSC_0453.jpg
2012年2月19日 8:30
朝一 着ることの無くなった衣類を宅配して(料金2,000円)
ホテルフロントに頼んでタクシーを呼んでもらい
銀河・流星の滝へと30分の周辺観光 通常 3,260円

此処まで来てこれを見ずに帰る訳には行けませんからね。

御存じ 層雲峡は、大雪山国立公園の中にある渓谷
約3万年前の大雪山の噴火により堆積した溶結凝灰岩が
石狩川によって浸食されて約24kmにわたって断崖絶壁が続く絶景です。

シーズンになると こんな朝の時間からバスが大渋滞
勿論 記念の単独ツーショット写真など殆ど不可能

もっとも オフシーズンは滝が凍結して流れてませんけどね。

関連記事