ネット証券といえばクリック証券

食べてぼやいて今日も熟睡

メタボなおっちゃんtetumaruです。バイキング、食べ放題中心 時々ケーキバイキング そして日々のぼやきを綴っています。                                       安倍&麻生&菅の鉄壁ブロックで 正直者が安全安心に暮らせる日本を取り戻そう!

和牛炭火家やきや 【三重県多気町】 鶏のあみやき食べ放題(昼限定)

三重県多気郡多気町相可 とり焼肉 あみ焼き ランチ 食べ放題
DSC_2083.jpg
『京都遠征ケーキバイキング』をお待ちの方
コメント欄まで熟読 感謝申し上げます。

次回記事から京都遠征3部作の予定ですので もう暫くお待ちください。

さて 松阪が誇るB級グルメ 「鶏焼き肉」 
B1グランプリ正会員登録を目指しているグループの定義では
★味付けが味噌ダレであること
★網焼きであること
★鶏の焼き肉がメインのお店であることだと

CBCラジオで言ってました。 (レポートドライバーのブログこちらから)

まぁ中心になって運動しているお店が、味噌ダレなんでしょうね~

それにしても料簡の狭い定義だと思うのは、おっちゃんだけやろか?
おっちゃん個人は、鶏肉の各部位を塩や醤油ダレで
あっさり食べながら酒を飲んで
〆に味噌ダレで御飯を食べるのが好きなんやけどなぁ


『前島食堂』や『鶏金』を代表とする味噌ダレだけでなく
松阪肉に手が出ない庶民の為に美味しい鶏焼き肉を
いろんな形で提供してくれる店が在って それを愛し支える地元民が居ての
松阪B級グルメとちゃうんやろか?

と 何時もの様にぼやきつつ 「やきや」です。
此処は、ランチタイム 鶏の網焼き食べ放題
1,050円と破格の庶民価格で実施してくれている数少ないお店の一つです。

関連記事

【三重県多気郡】 サービス♪サービスゥ♪ らーめん月のうさぎ 

三重県多気郡多気町相可 とんこつらーめん 唐揚げ   食べ歩き 
 
いよいよ松阪地区 豚骨ラーメン専門店3店舗 一挙食べ歩きです。

ここ『らーめん月のうさぎ』は正確には多気郡多気町相可
しかし 松阪からはR42号で一本道で お隣
おっちゃんの独断で3店舗のひとつにノミネートしました。

今回のルートは 伊勢自動車道勢和多気ICからR42号を松阪方向へ
2011年2月10日 
19:00 らーめん月のうさぎ 到着         19:21完食
19:37 博多らーめん 大晏(だいあ) 到着   19:51 完食
20:08 博多ラーメンばんび 到着         20:29 完食

以上です。
それでは・・・・

関連記事

鶏焼肉あみ焼き食べ放題ランチ 和牛炭火家やきや 【三重県多気】

三重県多気郡多気町相可 とり焼肉 あみ焼き ランチ  食べ放題 

三重県多気町相可と言えば 真っ先に思い浮かべるのが
ラウンドマーク的存在のシャープの多気工場
その隣のローソンと同じ敷地内にあるテナント群の一番左端にあるのが
 
和牛炭火家やきや です。

因みにSHARPシャープの社名が何故シャープなのかはご存知ですよね(*^-^)
そう 今では誰でも持っている シャーペンからなんですよね。
創業者が、1915(大正 4)年に発明し 1916(大正 5)年 エバー・レディー・シャープペンシルと名付けて売り出し 海外で爆発的ヒットを飛ばしたのが由来です。
あの小さなシャーペンが(元々はズボンのベルトの特許が始まりらしいですが・・・)
今では 資本金2000億円以上 売上高 2兆円以上ですから凄すぎです。


一企業の宣伝ブログでは無いので他のCMも(笑)
近くの 多気町五桂池ふるさと村 ここは小さな子供連れ家族が遊ぶには本当によい所で おっちゃん家族も良く遊びに来ました。
最近は施設の中の 高校生レストラン まごの店 が有名です。
訪問の様子は こちら から
あと餅もち天国 三重県の隠れた銘菓 食べログランキング和スーツ三重県 1位の 
まつかさ餅の『長新』 もこの近くです。 訪問の様子は こっち です(*^-^)

関連記事

元禄年間創業「まつかさ餅」  長新

三重県多気郡相可 三重の餅   食べ歩き 


昔から「お伊勢参り」や「熊野詣」の旅人で賑わった三重県は、他の県に比べ伝統のある「餅」や銘菓が多くあると言われています。
参宮道を代表する『へんば餅』に対して、奈良から伊勢にかけての伊勢本街道と「熊野詣」の尾鷲街道の交差点で 300年以上前から旅人を持て成してきたのが『長新』の「まつかさ餅」です。

「まつかさ餅」(別名いがまんじゅう)は、沖縄県産(HPや店内の由来説明は奄美大島産ですが、実際店にあったのは与那国島産でした)の黒砂糖の餡を 地元コシヒカリの上質米で練り上げた生地で包みその上に餅米をちりばめて蒸し上げたものです。
「まつぼっくり」のこの地方の呼び名「松笠」に似ていつことから「まつかさ餅」と名付けられた由

関連記事